幻覚 妄想 意欲の低下 統合失調症

統合失調症とは、考えや気持ちがまとまらなくなったり、幻聴や誰かにずっと監視されているように感じる状態が続く、心の病気です。100人に1人の割合でかかるといわれており、けっして他人事にできる病気ではありません。思春期から40才くらいまでに発病しやすいことが知られています。専門的な治療を継続することによって、症状をコントロールすることが可能な病気です。

統合失調症の症状

統合失調症の症状には、「陽性症状」と「陰性症状」があります。

陽性症状
実際には存在しない対象が見えたり聞こえたりする
自分と関わりのない出来事でも自分と関連があるように感じる
実際は起こっていないことが起きているように思ったりする
気持ちや考えがまとまらなくなる
人とのコミュニケーションがうまくいかなくなる
イライラしたり怒りっぽくなる
疲れやすくなる など
陰性症状
物事に対して無関心になる
意欲がなくなる など

統合失調症の原因

統合失調症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、脳内で情報を伝えるドーパミンなどの神経伝達物質のバランスがくずれることが関係しているのではないかといわれています。また、大きなストレスがかかることなども関係あるようです。遺伝子も関与しているといわれていますが、さまざまな要因が複合的に関与していると考えられています。

統合失調症の治療

症状が活発であり、周りからの刺激に敏感になっている急性期には、不必要な刺激を避けて治療に専念することや十分な睡眠を確保することが重要です。入院せずに外来治療をつづけて、回復に向かう方も多くいらっしゃいます。

<治療薬について>
幻覚や妄想などの症状を押さえるため、脳内で情報を伝える物質のバランスを整える薬が治療に用いられます。その他にも、患者さまの症状に合わせて、不安や気分の落ち込みを和らげるお薬、よく眠れるようにするお薬を併用します。

統合失調症では、自己判断でお薬を飲むことをやめてしまうと、再発することがあり、また再発後は症状がより強くなってしまいます。症状が良くなったからといって、自己判断をせず、医師とよく相談しましょう。


診療のご予約はこちら

診療内容一覧に戻る