適応障害の症状と原因、治療について

適応障害とは自分のおかれた社会環境にうまく適応することができず、心身に様々な症状があらわれて社会生活に支障をきたす病気です。

入学、就職、結婚といった身の回りの変化によって新しい環境に適応することを迫られた際に、それがうまくいかないと学校では登校拒否(不登校)、職場不適応、家庭では別居あるいは離婚などといった形で現れます。

適応障害の症状

心に現れる症状
何事にも不安になる
気分の落ち込み、抑うつになる
焦りやすい、焦燥感
敏感になる
身体に現れる症状
眠れなくなる、眠ってもすぐ目が覚める、不眠
食べる気が起きない、食欲不振
胸がどきどきする・苦しくなる、息切れ、動悸
だるい、疲れやすい
頭痛、肩こり、腹痛など

適応障害の原因

入学、就職、結婚といった環境の変化や人間関係などでストレスを感じ、大きな負担がかかってしまうと心身に症状が現れるようになります。

仕事関係が原因で症状が現れる方が多いですが、生活リズムが乱れている方や、人間関係での悩みが解消されず長期化している場合なども発症の原因となります。

適応障害になりやすい人
物事を徹底的にやりたい人
仕事が好きな人
責任感のある人
生真面目で几帳面な人
人から頼まれると断れない人
気が小さい人
他人からの評価が気になる人
傷つきやすい人

適応障害の治療

まずはご自身のお悩みをできるだけお話ください。
患者様の状況を把握した上で、お一人おひとりの症状に合った治療法をご提案させていただきます。
大抵の場合はお薬を服用していただく形になりますが、場合によっては合わせて1〜3か月程度の休養をおすすめすることもあります。

症状が改善されたから良いというわけではなく、あくまで社会復帰を目標としていますので、現在お勤めになっている職場や通学している学校の理解を得ることも重要です。
段階的な復帰なども考慮しながら、患者様とも相談の上で社会復帰を目指していきます。


ご予約はこちら

診療内容一覧に戻る