うつ病の症状と原因

うつ病は、脳内の神経伝達物質のアンバランスにより感情をうまく調節できなくなってしまう病気です。「心の弱い人がかかる病気」「心の持ちようで克服できるはず」と誤解している人も少なくありませんが、うつ病は決して怠けていたり、心が弱いからなるのではありません。

脳内の神経間の情報伝達がうまくいかなくなることによって身体に不調が現れる病気です。強い抑うつ状態が長く続き、「眠れない」「食べられない」などのつらい症状が起きるため、徐々に日常生活に大きな支障をきたします。

うつ病は「こころの風邪」とも言われており、適切に治療すれば治る病気です。
うつ病と疑われる症状がある場合は、早めにメンタルクリニックを受診されることをおすすめ致します。

うつ病の症状

うつ病の症状は、心と身体のどちらにも現れます。
下記のような症状が1〜2週間程度続く場合、うつ病を疑ってみてください。

<心の症状>

意欲の低下
好きだった事への興味や楽しみがなくなる
気力が低下して、すべてに対して億劫になる
人付き合いが嫌になる
仕事をしたくなくなる
新聞やテレビを見なくなる
身だしなみがだらしなくなる
気持ちが落ち込む
憂うつな気分になり、悲しい気持ちになる
将来への希望がなくなり、悲観的に考えるようになる
焦燥感や罪悪感
焦ってイライラする
何でも自分の責任だと感じてしまう
過去の出来事を思い出して悩む
考えられなくなる
集中力がなくなり、能率が低下する
物事の判断ができなくなる

<身体に現れる症状>

食欲の低下
食べ物がおいしく感じられなくなる
体重が極端に減った
胃がもたれ、むかつきがある
不眠・寝不足
眠れなくなる
眠りが浅くなったり、早朝に目覚める
目覚めの際、気分が落ち込んでいる
睡眠不足により、肩こり・頭痛が続く
眠れても途中で目が覚める
自律神経のバランスが崩れる
微熱が続く
体がだるい、疲れやすい
時々めまいがする
体の動きが遅くなる
冷汗や寝汗をかく
聴覚過敏(耳鳴り)の症状がある

うつ病の原因

うつ病は、周囲の環境や日常生活、考え方などが複雑に絡み合って引き起こされますが、いずれもストレスが大きく影響して引き起こされます。たとえば身近な人との別れや離婚や病気、転職や引っ越しなどで苦い経験がきっかけとなることが多いです。

うつ病になりやすい人はどんな人?

うつ病にかかりやすいのは、環境の変化への適応が苦手な方が多いです。
下記のような性格に当てはまる方は注意が必要です。

  • プライドが高い
  • 人に頼まれると断れない
  • 仕事熱心、凝り性
  • 几帳面、完璧主義
  • 頑固、生真面目
  • 正義感、責任感が強い

ご予約はこちら

うつ病の治療、周囲の方の対応について
診療内容一覧に戻る